賃貸物件退去時に現状回復をしよう【原状回復との違いとは】

Menu

大工

不動産賃貸借契約の注意点

不動産賃貸借契約における「現状回復」というものは、あくまで普通に私用している際に生じる傷みや汚れは対象にならないので、普通に使用していたのに賠償金を請求された場合は、黙って応じずに敷金の返還を求めることができます。

リフォーム

専門会社に任せるのが一番

現状回復を依頼する業者は専門に行っている業者にすべきです。それは、ハウスクリーニングと内装の改装が必要になったときには別の会社に依頼すると余計なコストがかかってしまいますが、専門業者であれば1社で請け負えるので余計なコストがかからないからです。

部屋

引っ越し時に気を付けよう

引っ越しをする際に、入居時と同じ状態に現状回復しなければなりません。畳の使い方によって負担が借り主だったり貸し主だったりします。故意に傷付けたり手入れ不足から生じた傷みは直すのに費用が掛かります。無理なく引っ越しできるように日頃から掃除をしておきましょう。

作業員

判断基準を学ぼう

住宅を退去するときには現状回復に努めなければなりません。貸し主と借り主は、その見解を共有しながらどちらが費用を負担するか相談することになります。国土交通省が定めたガイドラインを確認して、敷金や保証金を無理なく返してもらいましょう。

リフォーム

退去後の工事

現状回復工事は、不動産会社、不動産オーナー、現状回復工事を請け負う業者の三者間契約を締結することが増えています。賃貸物件の場合、三者間契約を締結しておくことで、退去後の現状回復工事をスムーズに業者へ依頼でき、次の入居募集まで短期間で開始できるメリットがあるからです。

部屋を退室する際の状態

室内

言葉の意味の違い

現在借りている賃貸住宅を退室する際に、「原状回復」が必要になります。この原状回復を「現状回復」だと思っている方がいるようですが、正しくは「原状回復」という表記です。原状回復とは、部屋を元の状態に戻すことを言います。それに対して「現状回復」の方だと、現在の状態を回復させるという意味になるようです。パソコンなどで打ち込んでいると、「原状回復」と打ち込んだつもりが、「現状回復」と誤変換されてしまうことがあるため、注意が必要です。現状回復は「原状回復」の間違いですから、訂正しておきましょう。また、原状回復の必要性ですが、完璧に元の状態(部屋を借りたときの状態)にまで戻す必要はなく、経年劣化でいたんだ箇所については、大家さん側の負担になります。部屋の借り主が負担しなければならない費用は、壁に穴をあけたとか、ドアを壊したとかいう場合です。普通に使用していて劣化した箇所については、家賃のうちに含まれているということでしょう。たとえば、畳の日焼けやテレビの背後の壁の黒ずみなども経年劣化にあたり、大家さん側の負担になります。ただし、タバコを吸っていて壁が黄色く変色してしまったような場合は、借り主側の負担となるようです。壁のクリーニング費用が必要になります。何が経年劣化にあたり、大家さんと借り主とでどちらの負担になるかがわかりにくいですから、部屋を退室する際には、不動産会社によく確認した方が良いでしょう。

Copyright© 2018 賃貸物件退去時に現状回復をしよう【原状回復との違いとは】 All Rights Reserved.