賃貸物件退去時に現状回復をしよう【原状回復との違いとは】

Menu

引っ越し時に気を付けよう

部屋

負担する相手を見極めよう

引っ越しを考えるとき、新しい住まいのことに気持ちが傾いてしまいがちです。引っ越し費用の中には、今の住まいの現状回復を行う費用も考えなくてはなりません。例えば、長年使用した畳は日に焼けて色褪せていたり、擦れてささくれだった状態になっていきます。入居の時にはきれいだった畳は次の人に受け渡しをする際に新しいものを交換しなければなりません。しかし、その費用はそこに住んでいる借り主の負担にはなりません。通常、現状回復は日々の生活で生じた傷みや汚れは月々の家賃などから貸し主が修繕用として費用を負担してくれます。日差しが強く壁紙が色褪せたとしても同様に貸し主負担です。これが故意に壁紙に穴を開けたり、壁の上に貼ったインテリアを取り外すときに破いてしまうと借り主が修繕しなければなりません。畳にジュースなどの液体をこぼし、そのまま放置したことにより生じたカビは、借り主の管理状態の不備により、借り主負担になることがあります。同じ現状回復でも、経年変化からきた傷みか、借り主の手入れ不足からくる傷みなのかで費用の負担する相手が変わることを覚えておきましょう。賃貸物件ならば、インテリアを置くために室内に傷跡を残さない方が退去時の負担が少なくて済みます。入居したときからの傷や汚れは、自分が入居したときに確認したチェックシートが存在しているので、記憶が曖昧なときには見せてもらうと良いでしょう。現状回復は少ない費用で対応してもらい、戻ってきた敷金を引っ越し費用に使いたいものです。

Copyright© 2018 賃貸物件退去時に現状回復をしよう【原状回復との違いとは】 All Rights Reserved.