賃貸物件退去時に現状回復をしよう【原状回復との違いとは】

Menu

専門会社に任せるのが一番

リフォーム

トータルコストは安くなる

賃貸物件の現状回復は単なるハウスクリーニングと考えて、一般の清掃会社に依頼するケースがあります。しかし、今まで居住していた人が丁寧な使い方をしていたり、入居日数が極端に短い場合はハウスクリーニングだけで済むかもしれません。しかし、壁紙を貼り替えたり、極端な場合は壁に穴が空いてしまっている場合にはハウスクリーニングでは無理で、内装業者またはリフォーム業者に依頼しなければいけなくなります。そうすると清掃業者と他の業者の2社を呼ばなければいけないため、余計な費用がかかってしまいます。そこで現状回復をしようと思ったら、現状回復を専門とする業者に依頼した方が結果的にコストを安くすることができます。現状回復を専門に行っているので、想定される作業や工事に関しては自社で全て行うことができます。クリ―二ングだけであれば、清掃会社の方が単価は安いですが、他の作業が必要になった場合は1社に依頼するだけで良いので、トータル金額は大幅に抑えることができるのです。また、現状回復の専門会社は普段から賃貸物件を見ているので、ほとんどの人が気づかないような不具合についてもチェックして探すことができます。現状回復のガイドラインも熟知しているので、賃借人と家主との責任の所在もわかっているので、どちらが費用を負担すべきかについても明確に回答することができます。現状回復を専門に行っている会社はいくつもありますので、単価については事前に確認しておくようにしてください。

Copyright© 2018 賃貸物件退去時に現状回復をしよう【原状回復との違いとは】 All Rights Reserved.