賃貸物件退去時に現状回復をしよう【原状回復との違いとは】

Menu

判断基準を学ぼう

作業員

日頃から掃除をしよう

賃貸住宅を引っ越す際に、どこまできれいにすれば敷金や保証金を無理なく返してもらえるか、判断が難しいものです。退去時に住まいをきれいに復元して次の人へ明け渡す現状回復は、状況により貸し主の負担になるか、借り主の負担になるかが変わってきます。最近では双方の判断が異なりトラブルに繋がるケースもあり、国土交通省が現状回復をめぐるトラブルとガイドラインを定めています。壁の落書きやネジや釘を打った穴は借り主が自ら付けてしまったものなので借り主の負担になります。ペットが飼っていたことによる臭いについても同様で、現状回復の必要があります。最近では引っ越し時の負担を考えて壁に細工をするのを避ける人もいます。判断に困るのが日焼けや電気による壁の汚れです。畳は日焼けすれば色合いも変わり、家具を設置すれば床がへこんでしまいます。また、テレビや冷蔵庫など、長い間設置しておくと電気の影響で壁紙が黒く変色することもあります。これらは日常生活で生じた汚れや傷として月々支払われる家賃で補修することになります。そのため、退去時には貸し主が現状回復の負担をしなくてはなりません。経年変化が原因の汚れや傷は貸し主負担ですが、手入れを怠って付いた汚れは借り主負担になります。カーペットに食べ物をこぼし、手入れをしないまま放置してできたカビなどは借り主が原因を作ったことになります。日頃から掃除をこまめに行い、退去時に掛かる現状回復費用を軽減させましょう。

Copyright© 2018 賃貸物件退去時に現状回復をしよう【原状回復との違いとは】 All Rights Reserved.