賃貸物件退去時に現状回復をしよう【原状回復との違いとは】

Menu

退去後の工事

リフォーム

三者間契約がポイント

現状回復工事の選定業者の基準について、一般的にはスケルトンや賃貸物件においては、入居当時の状態に戻す工事ができるかどうかが基準となります。賃貸物件の場合、物件を管理している不動産業者と不動産オーナー、現状回復工事を請け負う業者の三者間契約で工事内容や工事金額を決めることになります。そのため、入居者は賃貸契約する際に、退去する場合の条件も契約書で明示されていることを確認します。入居条件で敷金を差し入れる場合、敷金なしの場合によって、退去費用負担も異なります。現状回復費用を入居者が負担することもありますので、賃貸契約書で確認する必要があります。予め、不動産会社、不動産オーナー、現状回復請負業者の間で現状回復工事の契約を締結しておくことで、退去後の現状回復工事から次の入居募集までの告知までスムーズに進めるメリットがあります。不動産会社は現状回復工事を業者へ依頼し、不動産オーナーは管理を不動産会社へ任せていますので、退去後の家賃収入のロス期間を短期間で留められることで、家賃収入のロスを短期間でカットすることができます。三者間契約をしておくことで、現状回復工事を退去後から短期間で行うことで、次の入居募集を早くできることから、三者間契約を締結することが増えています。工事金額については、一部屋あたりで固定金額であることが多く、業者は工事を請け負う数が増えれば増えるほど、売り上げも増えるメリットがあります。

Copyright© 2018 賃貸物件退去時に現状回復をしよう【原状回復との違いとは】 All Rights Reserved.